ミュージックインストラクターズ養成学院

卒業後の活動

音楽療法士

小南 みち子さん (兵庫県)

昨年3月より地域のふれあいセンターで高齢者対象の「若返り教室わかば」を開室。

同年4月より小学校の支援学級で「わくわく音楽」を担当しています。

「若返り教室わかば」は、増田先生に教えていただいたプログラムを中心に早口言葉、思い出しクイズ、ハンドベルを用いて毎回楽しいセッションが出来るように心がけています。

 

 

ハンドベルは昨年11月地域のの文化祭に出演し拍手喝采を浴びました。

何より教室の皆さんが一生懸命文化祭に向けて練習に取り組んでくださったこと、その姿に観客の方々が感動してくださったことが、私にとって大きな喜び、励みになりました。

 

 

「わくわく音楽」では1年生から6年生までの、障がいの様々な生徒さんたちの音楽療法は、とまどいと不安の中でのスタートでしたが、徐々にお互い必要のない緊張も取れて、こちらも学校の行事や子ども達の個性や特徴にあったプログラムを工夫するようになり、少々落ち着く時間を持つことが出来るようになりました。

まだまだ研鑽を積まなければなりませんが、クライアントさん1人1人の笑顔が輝けるよう精進していきたく思っております。