ミュージックインストラクターズ養成学院

受講しての感想

和田 絵理さんの顔写真
音楽療法士

和田 絵理さん
千葉県

私が音楽療法士を目指そうと思ったのは、母親がアルツハイマーになったことがきっかけでした。
たまたまキーボードを持って、母親がお世話になっている施設で何曲か弾いたところ、他の方も集まってきて、もっともっと聴きたいと言われ、こんなに喜んでいただけるなら、本格的に音楽療法を勉強しようと思い、こちらの学院の門をたたきました。

 

思っていた以上に、為になる勉強をさせていただくことで、知識、技術ともに向上し、現在では自信を持って音楽療法士です。と言えるようになりました。

 

高齢者施設のご利用者様には身体的介護がメインの方、認知症の方などいろいろな状態の方がおられますが、みなさん私の音楽療法を楽しみにしていてくださっています。お部屋に引きこもって会話もしなかった方が、今は毎回準備している段階から、待っていてくださいます。デイサービスや、お風呂の時間が重なる方も、歌を歌いたいから、時間ずらして欲しいと言われ、音楽療法に来られます。皆さんの表情がとても良くなったと施設から高い評価をしていただけるようになりました。

 

ケアマネさんやスタッフさんからそのことを伺うと本当に嬉しいです。やりがいがあり、もっと楽しく、効果的なセッションをしようという気持ちになり、自分自身さらに向上していくのがわかります。皆さんが歌いたい歌、思い出の歌、出身地など、アセスメントをしながら次回の企画をしているので、かなり盛り上がります。

 

スタッフさん方がレクリエーションで歌の時間を作っていますが、スタッフさんが歌える歌ばかりなので、ワンパターンになっているようです。
私は季節に合わせ、テーマを決めて流れを作って進めていきますので、ネタが尽きませんか?って聞かれても、今の時期にしか歌えない歌が沢山あるので、迷うくらいです。と応えると感心されます。私は毎回企画するのが楽しくてワクワクしています。

 

好きな音楽を通して、ここまで自分の企画したセッションが喜ばれ、心身共に効果が現れると、勉強して良かったと思います。これからも自分自身が楽しめて負担にならないよう、頑張っていきたいと思っております。