受講生の声
VOICE

49
有本 圭子
兵庫県 50代
音楽療法士

音楽は「心のタイムマシン」

[受講した理由]

 約40年間中学校の養護教諭として、思春期の子供たちのサポートをしてきました。生きる気力を失った生徒にもたくさん出会い、私なりに寄り添い励ましながら走り抜けてきました。

 来春、定年退職を迎えるにあたり、これからの自分に何ができるかを考えた時、小さい頃から習っていたピアノを生かし音楽の力でたくさんの人に生きがいをもってもらえるようなサポートがしたいと思ったのです。そんな時、ネット検索で『音楽療法士』の資格がとれる当院に目がとまりました。音楽に関しては、独学で専門的なことは何もわからなかったので、一から勉強しようと受講を決めました。

[受講しての感想]

 いざ勉強や実習をし始めると、音楽の専門学というよりはクライアントに寄り添ったサポートを音楽を使って、どのように実施していくかが大切である事を学びました。スクーリングも意識の高い各専門の講師陣から、親切にご指導いただきました。認定試験はミスの連発でしたが、なんとか合格点を頂くことができ本当に嬉しく感謝申し上げます。私は、当院に自家用車で通える距離でしたが、全国遠方から受験に来られる方もいらっしゃるとお聞きし、そのエネルギーに感嘆いたしました。

 [資格取得後]

 本格的には来春から活動したいと思っていますが、それまでの期間を利用して、歌唱療法士の資格もチャレンジしようかと考えています。お仲間に入れていただいた諸先輩方の活動を見させていただきながら、益々研鑽し夢と希望をたくさんの人に届けられる療法士になりたいと思っています。

 最後に、音楽は「心のタイムマシン」身体も心も若返って生き生きライフを啓発していきたいです。