受講生の声
VOICE

58
永吉 佐代子
鹿児島県 60代
音楽療法士

なりたい事リストにあげていた音楽療法士

[受講した理由]

 10年前に書いた自分への手紙「なりたい事リスト」に挙げていた音楽療法士。名前だけは知っていたが、どんな仕事で資格取得にはどうすれば良いか等は全く知りませんでした。

 老いた父の最後は見届けたいと帰島し、父が入所している介護施設のスタッフとして勤務し、その中で見えたのは「音楽の持つ力」でした。懐かしい歌謡曲のカラオケが流れると入所者様の目が一瞬にして輝きマイクを持ち歌い出す方も続出しました。

 施設で97歳の父を見送った後、退職すると同時にあの音楽療法士取得のことが頭をよぎりました。スマホで検索するとなんと!学院講師で沖永良部島の清水恵子先生が写真付きで紹介されていました。年齢も近い、遠方でもないすぐ隣の島で活動されている方がいることに嬉しくて、すぐ学院に問い合わせして紹介していただきました。あの時のワクワクは今でも覚えています。実際に施設訪問し実技等を見学させていただき益々やってみたい感が募りました。

[受講しての感想]

 試験勉強中で苦手だったのはレポート提出でした。行き詰る中、清水先生は急かさず見守りつつも「いまここ」と決断した私のタイミングを逃さず後半は強引に引っ張っていただく形に。でもあれが良かった。合格するまで女子会禁止。試験では熱い応援を受けて一緒に楽しもうと腹をくくりました。何十年ぶりかの受験生で新鮮と達成感がありました。

[資格取得後]

 資格取得後は勤務していた施設を訪問して、入所者様を元気に笑顔にしてさしあげたいです。そのひと席で今は亡き父も座って見ていてくれるかも…